工房では、釣りのスタイルを明確に分類して分けるのではなく、どのような状態・スタイルであろうと、工房のロッドを使うことで様々な充実感や達成感を体感できることを、私たちメーカーとしてできる最後の仕事だと考えています。


その仕事とは工房のロッドを使用すること得られる、『イメージ通りに感じることができ、魚を釣ることができる。』と言うことであり、アングラーとタックルとが一体になったときこそが最高のパートナーとなり、イメージ通りの釣りをすることで釣った一匹にこそ、最高の幸せと最高の豊かさが存在すると考えています。

その一匹をキャッチするお手伝いが工房の目指すものだと私たちは考え釣具開発に取り組んでいます。

本当のロッドこそ、『道具美』。道具美を追求して・・・

すべての釣り人に豊かな釣り人生が訪れますように・・・


 
 
Copyright (C) 2005 StudioMinegishi All Rights Reserved